アズパートナーズの
今を知るPart2

アズパートナーズ
「夢を叶えるプロジェクト」など
個別ケアへの取り組み

ご入居者の皆様に喜んでいただきたい。
その気持ちから取り組み始めたのが、
『夢を叶えるプロジェクト』
アズパートナーズでは、
「豊かな暮らしを最期まで、自分らしく自分の力で」
をコンセプトに、
自分らしい生き方や生活を
していただけるように
こうした「個別ケア」の取り組みをはじめ
自由度の高いサービスを提供しています。

この記事の目次とポイント

「夢を叶えるプロジェクト」とは

普段より共に暮らす介護職/ケアスタッフは、日々ご入居者の方からひそかな希望や夢を聞く機会が多くあります。
通常はこうしたご要望も「安全性」などの観点から、なかなかご希望に沿うことが出来ませんがアズパートナーズでは、「個別ケア」の観点から、できる限りこのようなご要望にお答えしています。
特にアズパートナーズの介護付きホーム(介護付き有料老人ホーム)の多くで取り組まれている「夢を叶えるプロジェクト」ではそのようなご希望や夢を叶えて差し上げる事で、ご入居者の皆様が喜んでいただく姿をスタッフも共有し日常的な仕事だけでなく介護職本来の喜びを分かちあえる、素晴らしい機会となっています。

この「夢を叶えるプロジェクト」は、「ケアスタッフが、ヒアリングから企画・立案・実施までを行う」事が前提となっており会社として企画立案し実施するのではなく、あくまで直接担当する介護職/ケアスタッフが自ら考え、実施することで普段は現れないご入居者の思いを介護職/ケアスタッフがしっかりと把握できるようになるのです。
個別ケアはすなわち、ご入居者のためだけにあるのではなく、介護を仕事とする私達のためでもあるのです。

ここでは「夢を叶えるプロジェクト」が実現したいくつかのストーリーをご紹介します。

写真はイメージです

ストーリー1 お寿司屋さんに行きたい

とあるご入居者から「ここに来てから、お寿司を食べてないから、お寿司が食べたい。」とのお話がありました。
「お寿司を食べに行くなら、板前さんが目の前で握ってくれるようなお寿司屋さんに行きましょう!」と話しをしたら、笑顔で「行きたいね。行ったら、色んなものを食べたいわ」とのお返事。
ご家族様にも相談し、快諾して頂きましたのでお寿司ツアーを企画することに。
ただし、そのご入居者は要介護。入居当時は移動は車椅子を使用でした。
しかし、この話が持ち上がってからは、ご本人も「外に行くなら、歩けるようになりたいね」と話され、歩行訓練やリハビリ等に積極的に参加され、シルバーカーを使っての歩行が出来るまで向上。
なんと食べに行く頃には杖を使っての歩行が出来るまでになりました。

そして2月のとある日、いよいよプロジェクト実施です。
このご入居者と仲の良いご入居者2名とスタッフ2名の計5名でお寿司屋さんに。
当日は、いつもよりお洒落をして、行く前から楽しみにされている様子が見て取れます。

事前にご協力をごお願いしたお店に到着すると、少し緊張気味でしたが、お店のご主人が笑顔でお出迎えして下さり、すぐにお店の雰囲気に馴染むことが出来ました。
お店ではカウンター席を用意して下さり、目の前で握られるお寿司やネタケースに入っている魚に興味深々であり、お店のご主人やご入居者、スタッフと終始笑顔で会話を楽しまれておりました。
ホームに戻ると、「美味しいお寿司が食べれて良かった」と興奮冷めやらぬ様子で話され、「また行きたいね」ともお話しされています。

ストーリー2 孫と一緒にお風呂に入りたい

とあるご入居者はお孫様の成長が生きがい。
面会に来られる事を心から楽しみにされています。
ある日お孫様が「じいじと一緒にお風呂に入りたい」と話されました。
それを聞いた私たちは、ぜひホームのお風呂でご一緒にと、ご提案させていただきました。
というのもこのご入居様は事故などの影響で介助が難しく、正月に外泊した時も家族ではお風呂を諦めたというのです。
当日はご家族の見守る中、居室担当スタッフの介助にて 入浴されました。
入浴中、お孫様が「じいじに水かけちゃえ!えいえい!」とお湯をかけるとご入居も笑顔で反撃。
とても楽しまれているご様子。
ご家族様からも「事故にあってから孫とお風呂に入れるなんて思ってもみませんでした。まさかホームの方々が対応して下さるなんて」
とお礼のお言葉を頂きました。
ご入居者も、「本当にありがとう」と涙を流してお話される姿が印象的でした。


この「夢を叶えるプロジェクト」のようにご入居者の「夢」を聞くのも私たちの大切な仕事の1つです。
コミュニケーションの中でアンテナを張ることによりたくさんの夢が出てきて、それをご家族や他のスタッフと叶える、とてもやりがいのある取り組みです。

アズパートナーズではこれ以外にも、ご入居者の自治体を作り、ホームでのさまざまなご要望をお聞きする活動やご入居者と地域社会との交流を促進する活動を行うなどご入居者の生活を豊かにするための活動を数多く行っています。