社長インタビュー
Part1

社長が語る「アズパートナーズ物語」

アズパートナーズがどんなかたちで生まれたのか
僕の学生時代やサラリーマン時代の
エピソードも含めてお話しします。
僕は野球少年でした
もう、甲子園に行きたくて、行きたくてしょうがないような野球少年で、
野球で甲子園へ行ける学校ということで、野球の強い学校に入って野球をやっていました。
でも、ありがちですけど、高校になったら思春期に入り、野球だけが人生じゃないと、髪の毛も伸ばしたいと。
坊主頭はいやだと。野球だけで人生終わってはいけないと・・・
甲子園のためにその高校に行ったくせに、高校は野球を辞めて、スポーツは好きだったので、ハンドボールしながら、
髪の毛も伸ばして、遊びのほうにはしってしまいました。それも楽しい経験でしたよ。
板前で生計を立てていた大学生時代
そのまま大学に入学して、このままじゃいけないなと思って、まずは家を出て、
自分で稼いで、自分で生きていくことにしました。

家を飛び出して、4年間、学生と同時に、ずっと和食のお店で板前として生活費を稼いでいました。
3年目のときには調理師の免許もとって。当時はかつら剥きとか、お刺身とかも出刃と柳で一通りできましたよ。
だから今でも包丁は5・6本、持っていますし、和食はちゃんと作れますよ、「肉じゃが」とか(笑)

自分でこうして稼いでもいましたから、大学時代にはもう会社作りたいなという思いを、
自然に持つようにもなりました。
そこで学生の仲間で会社作って、企業のスポンサー付けてのイベントを開催だとか、
スキーツアーを企画したりして、まあ当時よくあるような、女の子にもてたいから企画するみたいな、
ちょっとちゃらい感じの活動で(笑)しょうもない大学生活だったかもしれません。
小さいベンチャーの方が活躍できる
それでいよいよ、卒業です。

将来的に自分で会社を興したいなと思いつつも、
よくわからなかったので、とりあえずサラリーマンに1回なってみようかと思って、就活をしました。

当時は今と同じで、就活も売り手市場だったので、どこでも入れそうな感じでした。

その中で、どこに就職しようと考えたときに、小さい会社の方が入社したときに活躍できるのかなと思い、
そこで内定もらった会社で1番小さい会社だった、その不動産関連の会社に入社しました。
最初に課長になったものの・・・。30歳をこえて転職!!
そしてその会社に10年勤めることになります。
その間、「バブル景気」とその崩壊とか、不動産業界にとっては激動の時代とも言えることがありましたけど、
僕自身は、ありがたいことに、同期のなかでも1番に課長にさせてもらいました。

課長になった時に28・9歳だったと思います。

不動産関係の会社だったということもあるのですが、やっぱり仕事としては、ポジションが上がって、
いろんな意思決定を、自由におこなえる立場になった方が楽しいわけです。
この組織でこのまま中間管理職でいる限り、難しいですし、それでは僕自身が成長できないと感じはじめた頃、
違う世界を見たいなって思うようになりました。
そこで会社は大好きだったし、働いている人も好きでしたが、ちょうど30を超えたので、
思い切って転職にトライしてすることにしました。
今、30歳ぐらいでアズパートナーズに転職される方も多いと思うのですが、私も実は転職経験者なのです。
初めての転職 その会社が東証一部上場の企業に 
いろいろな経験を積み
私の初めての転職は同業者のお知り合いから紹介して頂き、マンション事業で急成長をしていた小さい会社に転職。
前職と比べれば、整備されていなかったことも多かったですが、その分、やりがいもたくさんありました。

会社・仲間と切磋琢磨する中で、会社が急成長。2001年ジャスダック上場、2003年東証二部上場を経て、
2004年東証一部に上場することに。私も部長から最後は常務を経験させてもらいました。
この時に得た経験は今でも経営という観点で物事を考える時に肥やしになっています。

6年勤めた経験を活かし、以前からの夢だった「自分の会社を持つ」ということへ、
1歩、足を踏み出すことにしました。

幸いに「独立したいのですが」という話を当時所属していた会社の社長にすると、
「応援しましょう」といってくださって。
そこで、1年間ほど、体裁を整えた後に、2004年に完全に独立した形になります
アズパートナーズ 最初の成功と失敗
もちろん最初には失敗もありました。アズパートナーズの事業の発想は、
普通の高齢者が普通に暮らせる住まいが少なかったことから始まります。
当時、特養みたいな施設、病院みたいな感じの施設、あるいは逆に超高級老人ホームのようなものしかなく、
本当に普通の人が普通に暮らしていける場所がなかったのです。
それで、こうした高齢者向けの住まいを作る会社としてアズパートナーズが始まります。

しかし当時は、まだ介護保険制度などが始まったばかりの頃で、社会的にも高齢者の住まいということが、
まだよく理解されていない時代です。
さらにアズパートナーズは、もともと不動産会社の社内ベンチャー的にはじめた会社ですから、
どうしても、建物を売る、マンション会社的な発想だったのですね。

さて、こうした中で、アズパートナーズは最初の介護付有料老人ホーム「アズハイム横浜東寺尾」を開設します。
そしてこれが、それまで手がけていたマンションと同じように、
チラシを配るなどの宣伝をしただけで、ご入居者もある程度入って頂くことが出来たのです。
それでもう、この事業はある程度いけると判断して、
すぐに2棟目の「アズハイム大泉学園」と3棟目の「アズハイム中浦和」に着手したのですが・・・。

ところがこれが、オープンしてもまったく入居者があつまらない。
そこから5棟目ぐらいまではつくってもお客様も全然いないし。
毎月の赤字垂れ流し、みたいな感じになってしまいました。
いわばアズパートナーズ最大の危機。

そこで初めて本気でこの事業の本質とは何なんなのだろう?と、考えたのです。
最初に反省したのは、建物などのハード面ばかりに目がいっていたことですね。
例えば他社でうまくいっているところを見ると、ホームのハードはまるでうちよりダサいのに、なぜか上手くいっている。
アズパートナーズでは、よりよい高齢者の住宅を作るという、建築的な部分が強すぎて、
本当に住む人の生活に必要なソフトサービスを考えていなかった部分があったのです。

マンション事業的な発想ではじめていますから、ちゃんとした介護サービスとか、価格に合ったサービスとか、
ニーズに合ったサービスが全然理解出来ていなかったのですね。
そこで介護サービスなどのソフトサービスを中心にアズハイムというブランド商品を作りなおしました。
そこからはおかげさまで順調に業績をのばし続け、従業員も現在は1000名を越える規模にまでなりましたが、
今ではこの失敗が、結果として、大変よかったと思います。