アズパートナーズの
働きやすさPart2

各種研修制度とキャリアステップ

各種研修
アズパートナーズでは個人のキャリアプランも
考慮のうえ弊社スタッフとしてスムーズに成長していけるように
各種研修制度を積極的に取り入れています。
介護職研修体系
1年間を通して1つのレベルをクリアするための研修を受講します。
入社1年目は介護福祉分野全般を概観しながら、
アズパートナーズの理念を理解していただきます。
2年目以降は全般知識を深めつつ、設定テーマに特化した研修を取り入れることで
より専門性の高い知識と技術を持った介護職に成長していただきます。
新たに介護を始めた方でも、4年目には介護福祉士相当の
知識レベルに達することが可能です。
わかりにくい部分はケアアドバイザーが個別にフォローアップする体制が
整っていますので、初心者でも安心して取り組めます。
(介護経験をお持ちの方は、2年目以降、実力に応じたレベルの研修を受講可能です。)  
Level.5に到達した後は、介護職としての専門性を磨くアドバンスドコース、
リーダー層を目指すマネジメントコースを自身のキャリア意向に応じて選択していく事が可能です。
キャリアステップ
アズパートナーズでの介護職のキャリアアップは通常事業所の「ケアスタッフ」から始まり
その事業所で数人で構成されるチームのリーダーである「ケアリーダー」になった後
事業所全体の介護職を統括する管理職候補でもある「ケアチーフ」になり、
約10年程度でその事業所の責任者である「ホーム長」「センター長」になっていきます。
アズパートナーズではこれ以外にも「資格取得支援制度」を利用して必要な資格を取得し、
「生活相談員」や「ケアマネジャー」といった専門職のコースに行く事もできます。
また現場の知識を生かして本社のサポート部門や企画部門などに異動することも可能です。
こうしたスタッフのキャリアに関しては年に一度、「キャリア意向調査」を実施していますので、
ここでご自分の希望を提出し、ご自身にあったキャリアプランを構築しください。