アズパートナーズの
職場を知る
Part1

アズパートナーズの
介護付きホーム(介護付き有料老人ホーム)
とはどんな職場?

アズパートナーズでは、介護付きホーム(介護付き有料老人ホーム)「アズハイム」シリーズを
「豊かな暮らしを最期まで、 自分らしく自分 の力で」
をコンセプトに、ご入居者自身が"できること"を活かして、 自分らしく人生を愉しんで頂く場として考えています。

そのために特に重要視しているのが、
介護スタッフによる「個別ケア」
常駐する機能訓練指導員による「リハビリ」
そして
「施設ではなく家でありたい。」というテーマで
ホームは造られています。


ここではこうしたアズパートナーズの
介護付きホーム(介護付き有料老人ホーム)が
どのような職場なのか?を解説します。

介護付きホーム(介護付き有料老人ホーム)の3つの特徴

  1. 「夢を叶えるプロジェクト」など
    入居者の心を大切した「個別ケア」

    アズパートナーズの介護付きホーム(介護付き有料老人ホーム)ではお1人お1人の生きてきた人生を尊重し、いつまでも自分らしい生活を送れるように「個別ケア」に力を入れています。
    その1つが各ホームで行われている「夢を叶えるプロジェクト」「孫と一緒にお風呂に入りたい」「好きな演歌歌手のコンサートに行きたい」「昔、行きつけの喫茶店にもう1度行きたい」
    などご入居者それぞれの様々な夢を伺い、その夢を実現させています。

  2. 個別機能プログラムを作成して
    「リハビリ」にも力をいれています。

    アズパートナーズの介護付きホーム(介護付き有料老人ホーム)で力を入れているのが機能訓練指導員よるリハビリサービスです。
    ご入居者にとって運動能力低下を防ぐことは、生活の質を保つためにも大変重要です。
    このためにどのホームでも常駐の機能訓練指導員を配置し、ご入居者1人1人にあった個別機能プログラム作成。きめ細かくリハビリを行います。

  3. 「施設ではなく家でありたい。」というテーマでホームは造られています。

    アズパートナーズではご入居者が自分の自宅にいるような空間作りをベースに、いつまでも自分らしい生活が送れるよう、安全面や衛生面に充分に配慮。その中でご入居者の方々のケアを行うことを大切にしています。
    「アズハイムを選んでよかった。」この一言を言って頂くことが1番うれしいこと。そして「アズハイムで働けてよかった。」と言ってくれる仲間がたくさんいるのも特徴です。

    このためには働くスタッフの環境も重要。アズパートナーズでは5日間連続で取得できるリフレッシュ休暇制度など充実した休暇制度もあります。
    スタッフがリフレッシュしてお客様にサービスできてはじめて、お客様に快適に過ごせる「家」と「環境」を提供できる。アズパートナーズはそう考えています。

    「施設ではなく家でありたい。」

アズパートナーズ、介護付きホーム(介護付き有料老人ホーム)
職場の声を聞きたい!!

アズパートナーズ、介護付きホーム(介護付き有料老人ホーム)
の主な職種

アズパートナーズ、介護付きホーム(介護付き有料老人ホーム)
事業所紹介

アズハイムの各事業所ページへリンクします。