アズパートナーズの仕事内容を知る

アズパートナーズ
ケアマネジャーの仕事内容

アズパートナーズでのケアマネジャーの仕事は、
介護付きホームのご入居者の方のケアプランを作るのが仕事です。
地域包括支援センターなどでのケアマネジャーと違うところは、
実際に入居者の日々を観察し、直接コミュニケーションを取っていくことで、
細かく丁寧なケアプランを作成できること。
じっくりご入居者の生活や人生に向かい合っていきたいと考える人には
最適の職場です。

この記事の目次とポイント

アズパートナーズのケアマネジャーとはどのような仕事でしょう

主な仕事内容としては、ケアプランの作成や介護保険更新時の相談です。他にも新規入居時の事前調査・書類作成やケアスタッフへの周知、電話や来訪者の対応、社内打ち合わせ時のオブザーバー、事故報告書の確認カンファレンス参加や指導、支援経過記録の記入、朝夕の申し送りの参加、ご入居者退院時に病院との調整を行う事もあります。

アズパートナーズ ケアマネジャー
の1日

  • 9:00am 出社後、メールチェックや今日1日の予定を確認

    朝一番にメールと今日1日の予定を確認します。
    ホームは24時間体制なので、ホームにいなかった間に予定が変更になったり、状況の変化がなかったかなどもチェックして、1日のスケジュールを見直すのです。

  • 9:30am 朝礼・スタッフの申し送り

    朝礼後、申し送りに参加して、ご入居者の状況を確認します。
    申し送りで伝えられたことは、それぞれの経過記録として資料に入力します。

  • 10:30am ご入居者訪問

    毎日ではありませんがケアプランを作成する前に、ご入居ご自身のご意向を伺うために、個別にお部屋に伺ってお話し合いをすることもあります。
    かなり深く掘り下げてお話を伺ったり、じっくりと向き合うことも必要なので、時間がかかることも多いです。

  • 12:00pm お昼休憩

    だいたい12時から12時半くらいの間から自分の業務のタイミングで、1時間のお昼休憩に入ります。

  • 2:00pm 担当者会議

    日によって、この時間にやることもあれば、5:00pm頃からやることもあります。
    作成したケアプランを各看護スタッフやケアリーダー、機能訓練指導員や現場スタッフなど、他の職種のスタッフの意見も交えて検討します。
    その上でご入居にとってより良いプランを作成していきます。

  • 3:30pm ケアプラン等書類作成

    ケアプランの作成がメインの業務なので、事務所でデスクに向かっていることが多いです。
    ケアプランの作成はお1人お1人に合わせて個別にプランを考えるので、1番時間を費やします。

  • 4:30pm 夕方の申し送り

    その日1日のご入居者の様子、フロアの状況の報告を受けます。

  • 5:00pm 経過記録に入力

    申し送りの説明を受けて、経過記録を入力します。

  • 6:00pm 終業

    今日の業務は終わりです。お疲れさまでした!

もっと知りたい アズパートナーズケアマネジャーの仕事内容

■ケアマネジャーになるのに資格は必要ですか?

ケアマネジャーの資格が必要です。
定期的に更新する必要があるので、更新時期には休日や有給を利用して、更新の研修を受けに行ったりする必要もあります。

■業務内容はデスクでの仕事が多いですか?

1日の業務は書類作成がメインなので、事務所でパソコンに向かう時間が多いです。
ただ、ずっとデスクワークではなく、ご入居者と話をしたり、ADL調査で外出することもあります。

■一人で担当するご入居者の人数はどのくらいですか?

事業所によって異なりますが、50名~80名です。

■お休みはどのくらいありますか?

月に8~10日です。そのうち、2~3日は希望休となるので自分の好きな日を選んで休むことができます。

■残業や急な出勤要請はありますか?

ケアマネジャーはケアプラン作成が業務のメインなので、自分である程度業務の割り振りをコントロールできます。
急な出勤要請はありません。残業は、時期によって異なりますが、少ない月は5時間程ですし、ケアプランの作成が多い月は20時間前後になることもあります。