アズパートナーズの仕事内容を知る

アズパートナーズ
事務スタッフの仕事内容
小田さんインタビュー

アズハイム杉並井草勤務
事務スタッフ 小田 麻子

この記事の目次とポイント

スキルアップを目指し、フルタイムで働きたい。そんな時にアズパートナーズの事務スタッフに出会いました。

転職以前は5年間、金融業界で総合職として働いていました。出産を機に家庭に入っておりましたが、子育ても落ち着き、社会復帰しました。
他社の介護事業所のホーム事務スタッフとして3年程パートタイムで働いていたのですが、兼ねてからやりたかった介護請求の業務は本社が主体で携わる事が出来ませんでした。自分のスキルアップを考えるようになり、アズパートナーズの求人をみつけて応募しました。

少数派の事務スタッフもホームスタッフの一員と感じられる。そんな暖かい仕事場です。

介護付きホームには様々な職種のスタッフがおります。
それぞれが専門職としての責任や自負があり、いろいろな考え方をお持ちです。ぶつかり合いは避けて通れない当然の事と思っていますが、アズパートナーズの魅力はそれが当てはまらない所です。職種間の連携が取れて境界が無い事、またホームと本社間の壁が無い為、とても働きやすい環境だと思います。
事務スタッフは、デスクワークがメインですが、事務所の顔として来客対応をしたり、お客様とコミュニケーションを取ることもあります。事務所内は、事業所帳をはじめ、皆で声をかけ合える環境です。
また、ご入居者とスタッフの距離が密接である事もアズパートナーズの魅力であると思います。直接ケアに携わっていない事務スタッフの私にも気軽にお声掛けして頂き、ご入居者が本当に身近な存在として感じられております。

だから介護がわかる事務スタッフになりたい

介護付きホームの目的はご入居者が自分らしい生き方を実現していただく事です。つまりすべてのスタッフはその為に日々ご入居者にサービス提供をしています。
事務スタッフの私の役割は、そのケアにあたるスタッフがケアに集中できるようにバックアップをする事であると思っています。
今後はよりスキルアップを目指し、自分自身が介護の知識を持った上で、ケアスタッフをフォローしていければと思っております。
「介護がわかる事務スタッフ」それが今の私の目標です。

小田さんのキャリアログ

5年間金融業界の総合職として勤務
出産を機に退職
その後、他社の介護事業所で事務職のパートタイムを3年勤務。
スキルアップを希望し、フルタイムで働けるアズパートナーズに入社。