アズパートナーズの仕事内容を知る

アズパートナーズ
看護職、看護師・准看護師の仕事内容

介護施設における看護職とは何でしょうか?
病院に比べ治療行為そのものが少ないことは確かかもしれません。
しかしそれだけではないのです。
特に介護付きホーム(有料介護老人ホーム)では、生活のなかで1人の患者さんにもっとじっくりと向き合い、
その健康や体調を長期にわたって
関わることができるからこその面白さがあります。

この記事の目次とポイント

アズパートナーズの看護職、看護師・准看護師とはどのような仕事でしょう

アズパートナーズの看護スタッフは日中の時間帯に各老人ホームに常駐しており、ホーム内を巡回してご入居者お1人お1人の状況をチェックして健康管理を行います。
ですので24時間365日の看護体制を取っているアズハイム千葉幕張を除いて、夜勤はありません。
また医療処置としては「バイタルチェック」「経管栄養」「主治医の指示による点滴注射」「血糖値測定・インスリン注射」「傷・皮膚疾患・褥瘡の処置」などの必要な方へ処置をおこないます。
大体一つのホームで処置が必要な方は軽度なものを含めて10名から20名程度。
ドクターは常駐していませんが、各ホームに必ず提携医療機関があり、入居者様の情報を把握しているので、何かあれば、すぐにドクターに相談し解決策を仰ぐことができます。
このほかに介護付きホーム(有料介護老人ホーム)とショートスティの施設では「夜間オンコール」という当番制の連絡受付業務があります。
これは月10日前後にオンコール用のPHSをもって家に帰り、ホームからお客様の緊急時の連絡を受けます。
ただし出動頻度は稀であり、出動時にはタクシー使用や深夜勤務手当が付きます。
基本的には緊急時を除いて、看護師は介護の仕事とは役割がはっきり分かれていますので、医療的所見が必要なもの以外、介護の仕事に就くことはありません。

アズパートナーズ 看護職、看護師・准看護師
森公平さんの1日

  • 業務開始、状況確認

    新聞を配りながら、ご入居者に「おはようございます」の挨拶。
    1人1人の様子をチェックします。当日入浴される方のバイタル測定も行います。

  • 朝礼・巡視

    ホーム内をラウンドしながら、1人ずつ様子を見て周ります。経管栄養の必要な方への対応等も行います。

  • 巡視・記録

    食事・排泄・水分量の確認と、記録を取りながらホーム内を周ります。

  • 指示出し・記録

    検査が必要な方を病院まで連れて行ったり、ホーム内でのスタッフの方達への指示出しや記録を取ります。 インスリン注射が必要な方の対応や、1日の仕事の方向性もここで決めていきます。

  • 昼食、休憩

    日勤スタッフが出勤するので、朝礼をします。
    またこのタイミングで翌日の入浴後の着替えを一人ずつ入浴ネットに入れて準備しておくこともあります。
    当日の用意によりバタバタして遅くなってしまわないように、前日に準備します。

  • 巡視

    食事・排泄・水分量の確認と、記録を取りながらホーム内を周ります。 また対応が必要な方のフォローも行います。

  • 申し送り、薬の準備

    夜勤ケアスタッフへの申し送りと、薬の準備をします。経管栄養ための準備も行います。

  • 夕礼・申し送り

    記録・日程調整・薬の準備も行います。

  • 日報提出、申し送り

    次の日の看護スタッフへの申し送りをします。

もっと知りたい アズパートナーズ看護職 看護師・准看護師の仕事内容

■看護職に対するフォローは

入社時はまず本社での「入居時研修」と現地での「OJTの研修期間」があります。現地では先輩スタッフが状況を見ながら仕事内容を徐々に増やします。
2ヶ月に1回全ホームの看護スタッフが情報共有する「看護スタッフミーティング」を実施。互いに課題や問題を持ち寄りみんなで相談に乗りながら、解決していきます。
また新入社員や困難事例や業務のさまざまな課題の相談を受ける「アドバイザー」がおり、スタッフをフォローします。

■看護スタッフのPROFILEは

年齢は30歳代から50歳代 平均年齢45歳 男女比は1:9 女性は特にママナースが多いのが特徴です。

■介護の仕事もするのですか?

よほどの緊急時でなければ、業務ははっきり分かれているので、介護を行うことはありません。

■夜勤は?

24時間看護体制のアズハイム千葉幕張以外にはありません。