アズパートナーズの仕事内容を知る

アズパートナーズ
介護職/ケアスタッフ(ショートステイ)の仕事内容

在宅で介護を行う場合、さまざまな事情で家族が、
数日家を空けなくてはいけないことがあります。
また自宅の介護で家族が介護疲れにならにように、
介護から解放される時間も必要になってきます。
こうした場合に、
介護の必要な方を1泊から最長30日間までお預かりし、
家族に代わって介護をするのが
「ショートステイ」です。

この記事の目次とポイント

ショートステイでの介護職/ケアスタッフとはどのような仕事でしょう

ショートステイは現在介護の新しい柱として厚生労働省で推進している「地域包括システム」(さまざまな介護を、できるだけ住み慣れた地域で、できればご自宅で、自分らしく、人生の最後まで続けることができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援が包括的にそれぞれの地域で提供していく仕組み)の中で、こうした在宅での介護を支援するサービスとして期待されているサービスの1つです。

在宅で介護を続けていると、さまざまな事情で家族が、数日家を空けなくてはいけないことも出てきます。
また自宅の介護は、どうしてもその家族に負担がかかりますから、こうした家族が介護疲れにならにように、介護から解放される時間も必要になってきます。

こうした場合、介護の必要な方を1泊から最長30日間までお預かりし、家族に代わって介護をするのが「ショートステイ」です。

それでは「ショートステイ」での介護職/ケアスタッフの仕事は、他の介護職とどのように違うのでしょうか?
介護職として、基本はその入居者の食事ケア、排せつケア、入浴ケア等、生活に関わる事全般のケアやお手伝いをする部分は同じです。
1番違う点は、ご入居者があまり固定されていないという点です。
通常、介護を行うご入居者は「介護付きホーム」はもちろん、昼間のみ利用する「デイサービス」でもあらかじめケアプランで定期的に曜日などを決めて利用するので、ご入居者は固定されています。
そのためにケアスタッフは継続的にそのご入居者とコミュニケーションすることができるので、その方のお体のことや生活に対するご希望、性格的な特徴などを徐々に理解することができ、それによって介護の質を高めていくことができます。

これに対して「ショートステイ」では、定期的に利用が定められている事もありますが、年に数回だけご利用されるという方も少なくありません。
いわば初対面に近いご入居者と数多く接することになるのが、ショートステイの介護の特徴。
ご入居者の情報は「ケアマネージャー」や「生活相談員」から事前にもたらされてはいますが、やはりお会いしてはじめてわかる情報というものは多いもの。
「ショートステイ」の介護では、このように短期間で的確にご入居者に対するさまざまな判断を下す必要があります。
また新規のご入居者は普段住んでいる家とはまったく環境の違う「ショートステイ」に来ることによって、不安を覚えることもあります。
こうしたことから「ショートステイ」の介護では、通常の介護以上に、ご入居者に対して、話しかけるなどコミュニケーションを行い、不安感を取り除くと共に、ご入居者の情報をなるべく多く得るように努力をしていく必要があります。
また、ご入居者が固定されない「ショートステイ」では具体的な仕事として入所・退所の対応や準備が日々発生することになります。

このように、毎日行われる介護の内容が決まっていないのが「ショートステイ」の特徴。
こうした変化にフレキシブルに対応していくことが求められます。

アズパートナーズ 介護職/ケアスタッフ(ショートステイ)
栗原郁美さんの1日

  • 出勤

    前日の夜勤のスタッフから申し送りを確認。前日宿泊者の起床を手伝います。
    その後朝食の準備など。

  • 朝食介助

    できるだけ楽しくお食事が出来るように、話しかけながら、食事の介助が必要な方には介助を行います。

  • 荷物整理や準備

    ご入居者の方々にはそのままリビングなどにいていただいて、今日退所される方のお部屋に行き、お荷物を忘れ物がないように整理し、パッキングします。
    またシーツの交換や掃除を行い、今日入所する方の準備を始めます。

  • お迎え

    今日入所される方を車でお迎えに上がります。
    その間、ご入居者の方には朝の体操を行います。

  • 誘導

    今日入居される方が到着します。
    一端リビングなどに誘導して、その間にお荷物などをお部屋に運びます。

  • 昼食

    昼食は今日退所される方、継続して利用される方、新たに入居された方がいらっしゃいますので、もっともお客様の数が増える時です。

  • 休憩

    ご入居者が昼食を取っている間に、こちらも昼食をとります。

  • 送迎

    退所の準備が終わると、退所者を車でお送りします。こうした送迎の車に添乗して、送迎を補助することもあります。

  • レクリエーション

    アズパートナーズでは画一的なレクリエーションを押しつけるのではなく、ご入居者の嗜好に合わせて、なるべくお好きなことをして、毎日を楽しんでいただけるようにしています。
    例えば、カラオケがお好きな方はカラオケを楽しんだり、麻雀がお好きな方は、メンバーを集めて麻雀をして楽しんでいます。

  • おやつの時間

    ショートステイでは短い間になるべく多くのコミュニケーションを取ることが大切です。
    おやつの後、夕食が始まるまで、少し時間があります。
    こんな時にも簡単なゲームなどをして、介護するケアスタッフとご入居者がふれあえる時間をなるべく多く作るようにしています。

  • 退勤

    退勤の時間ですが、まだご入居者の記録を書かなくてはいけないので、もう少し頑張ります。

もっと知りたい アズパートナーズ介護職/ケアスタッフ(ショートステイ)の仕事内容

■「ショートステイ」のご入居者はどのような方なのでしょうか

一概には言えませんが、通常はご自宅などで介護されている方が中心なので、要介護度は「介護付きホーム(介護付き有料老人ホーム)」よりは若干低くなるケースが多いようです。

■ご利用の頻度は

これもご入居者の事情によりますので、一概に言えませんが、最近は年に数回と言った使い方ではなく、定期的に毎週1回利用するといった方も増えてきます。

■長期休暇は取れますか?

連続した有給休暇取得には「リフレッシュ有給休暇制度」があります。
これは計画的に最大で5日連続した休暇を取得できる制度です。
また産休や育休の制度ももちろん完備。実際取得率も高いので、この制度を利用し、リフレッシュしています。
前項でご紹介しましたが、こうした際には欠員を臨時に埋めることを目的とした「ケアサポート」スタッフがいますので、同僚にも迷惑がかからず、取得しやすい環境です。