新卒入社の先輩が語る
入社の決め手と現在の働き方

新卒入社社員インタビュー

アズパートナーズで働く新卒入社者に、入社理由や入社後の自分らしい働き方を聞きました。このインタビューで皆さんが感じている、漠然とした不安を解消できればと思っています。
  • 菅原 潤

  • 伊佐 広美

  • 南 龍平

  • 米山 恵美

入社1年目から色々な仕事を経験させてくれる会社です

菅原 潤

2018年入社 / ケアスタッフ

就職活動中に自分を知っていく中で見えてきた軸は、「人と関わりたい」「自分の為より人の為になる仕事がしたい」という2つだった菅原さん。公務員、IT業界、介護業界などを見たうえで、入社を決めたのがアズパートナーズ。そんな彼に、当時の就職活動の話と、現在の働き方についてインタビューを行いました。

アズパートナーズに入社を決めた理由

最初は公務員を目指していました。なぜかというと「人と関わる仕事がしたい」「自分より人の為になる仕事したい」という気持ちが自分のやりがいにつながると感じていたからです。公務員を目指す中で、民間の就職活動も並行していたのですが、その時に出会ったのがアズパートナーズでした。

説明会で話を聞いたときになんとなく「ああ、僕はこの会社に入るんだろうな」という直感がありました。今、理由を考えてみると、人事が1対1で話すことを大切にしてくれていたり、職場見学でもお客様の個々を大切にする雰囲気を感じて、アズパートナーズに魅力を感じていたんだと思います。介護業界は大手の会社・小規模の会社も見学しましたが、やはり最初に感じた自分の直感を信じてアズパートナーズに入社を決めました。

入社半年でオープニングメンバーの一員に

僕が配属されているショートステイは会社でもまだ4事業所しかないサービスです。簡単にいうと、介護付きのホテルです。なので毎日ご利用するご高齢者の方が異なります。初めはお客様を覚える事で精一杯になりながらも、がむしゃらに頑張っていました。そんな中、入社して半年経った時に新事業所のオープニングメンバーとして選ばれました。

それからは「新卒」という立場から「職場を立ち上げるメンバー」という立場に変わっていきました。スタッフの指示出しや、その場で適正な判断が求められることがあり、大変ではありますが能動的に動く力が身についていると感じています。働くスタッフさんも経験や年齢が様々なので、目線を合わせることがすごく大変でしたが、皆で意見交換をする事で一つにまとまっていけているのかなと思います。

様々な機会提供があることがアズパートナーズらしさです

若いうちから色々な経験を積ませてもらえる環境だと思います。 新しいことに挑戦できればそれがスキルになったり、自信になったりして自分自身の強みが増えると思います。

実は最近、介護以外の仕事を経験しました。相談員業務というもので、ショートステイを利用されるお客様の契約に同席させてもらいました。 上長から「仕事の視野を広げるためにも一緒に行ってみない?」と誘ってもらい、上長の横に付いていただけですが、勉強になりましたね。 この経験をしてから、他のお客様の契約にも参加してみたいなと思うようになりました。今回は、上長から誘われましたが、「私は、こんなことをやってみたいです」などの声は通りやすく、チャレンジしやすい会社なので、今後はもっと自分からアピールして挑戦したいと思っています。

学生へのメッセージ

アズパートナーズであれば、介護の仕事だけではなく、その他の仕事にも関われるチャンスが多くあります。色々な経験が若いうちに積めるのは今後、自分が年齢を重ねたときに会社だけでなく社会から必要とされる人になれるのではないかと感じています。「若いうちから色々な経験を積みたい」と考えている学生さんは、一度説明会など聞いてみてはどうでしょうか?

地元に帰らずに関東での就職を選びました

伊佐 広美

2017年入社 / ケアスタッフ

就職活動をしていく中で、人と直接関わってお客様の笑顔が見られる仕事を探していた伊佐さん。お菓子作りが趣味であったため、製菓メーカーなどに興味を持つが、直接お客様の笑顔が見たいという強い思いがあり、ギャップを感じていました。就職先に悩んでいた時期にたまたま話を聞いてみた会社がアズパートナーズ。地元の熊本に帰ることも考えましたが、彼女は関東県内で働く事を決めました。そんな彼女に、当時の就職活動の話と、現在の働き方についてインタビューを行いました。

アズパートナーズに入社を決めた理由

就職活動をするときに大切にしていたことが「直接お客様の笑顔が見れるか」という事でした。たくさんの職業の話を聞く中で介護職は人の人生に深く長く関わり、直接感謝される仕事だと感じて興味を持ち始めました。また、身体的な介助をするだけではなく、ご入居者の自己実現のためにどのようにそれを達成するかのプロセスがあったり、クリエイティブな発想が必要なことを知り、介護職の奥深さを感じました。

複数の介護の会社の説明会や施設見学に行ったのですが、アズパートナーズが、見学した時の雰囲気が1番良かったことを覚えています。具体的には、お客様の笑顔が多い、働くスタッフがきちんと挨拶をしてくれる、若手のスタッフが多く働いていたこと。そういった点がとても魅力的に思えました。

地元に帰るか、東京に残るか

実は当時、地元に帰って就職をするかという事にも悩んでいました。私は出身が熊本で大学進学と同時に上京していました。就職となると地元に帰るという選択肢もありましたが、両親に相談をしてみると、「いつでも帰ってこられるし、地元は仕事が少ないから、関東で色々な経験を積んでほしい」と言ってくれました。

両親の後押しと、どこでも活かせる「介護」という専門性を高められることも、関東で就職しようと決断をしやすくしてくれた要因でした。

入社前、夜勤があることに不安を感じていました

介護職に就くにあたって心配だったのが夜勤です。普段夜更かしをするタイプではないし、友達と夜通し遊んでも途中で寝てしまっていたので、一晩中起きていられるかなという不安がありました。その不安を払しょくするために学生時代に自宅で夜中にずっと起きていらえれるのか試してみました。ご飯を食べてお風呂に入って、テレビを見て、仮眠をとってまた起きたり・・結構本格的にやりました(笑)

夜勤終了時間の朝10時まで起きていることができて少し自信になりました。実際に夜勤に入ってみると、体を動かしている時間がありますし、仕事中という緊張感もあるので時間が経つのは、あっという間です。体が慣れてしまうと夜勤も問題なくこなせるので、こればかりは体験してみないと分からないかもしれませんね。

自分磨きに旅行に…趣味にお金を使えています

社会人になってからも一人暮らしを続けていくので、親から金銭的な支援を受けずに、自分の稼ぎだけで生活が出来るかという不安はありました。実際に働いてみると、自分で家賃や生活費、奨学金なども払った上で趣味にもお金を使う余裕はありますよ。最近は自分磨きにお金を使っていて6回コースで5万円のフェイシャルマッサージに通ったりしています。連休制度を使って実家に帰ったり、帰るついでに旅行などもしていますよ!

学生へのメッセージ

就職活動をするにあたり、職場を見ることはすごく重要です。雰囲気だけではなく、従業員の声や表情、お客様の層、会社が学生に対してどんな対応をしてくれているのかなどを見てください。

実際に先輩社員に会って質問するのもいいと思います。私も実際に見学に行く事で働くイメージが湧きましたし、アズパートナーズでは沢山そういう機会を作ってくれるので、ぜひ遠慮せずに聞いてみて下さい。

家庭とスタッフを支えています

南 龍平

2014年入社 / ケアリーダー

就職活動は公務員・営業・メーカーなど様々な業界業種を視野に入れていた南さん。現在プライベートでは一児の父であり、職場ではスタッフをまとめるケアリーダーとして活躍しています。そんな彼に、当時の就職活動の話と、現在の働き方についてインタビューを行いました。

アズパートナーズに入社を決めた理由

そもそも介護に興味を持ったのは看護師をしていた母親の影響で、母が働いていた介護施設を訪問したことがきっかけです。その時に施設の高齢者の方を介護タクシーに乗せるお手伝いをしたのですが、すごく感謝をしてくれて「人に喜んで貰えた、人の役に立つ事っていいな」という気持ちがこみ上げたのを覚えています。

介護以外の業界も検討していましたが、アズパートナーズはお休みがしっかり守られている事や、お給料に関して、他の業界と比べても大差なく、将来結婚して家族を養っていくことができると思ったので入社を決めました。

仕事のやりがい

実際に働いてみると、改めて感謝の気持ちを直接もらえる仕事だと実感しています。さっき食べたものを忘れてしまう認知症のご入居者が、自分の名前を覚えて頼ってくれた時はすごく嬉しかったです。

入社5年目でリーダーになり、ご入居者だけでなく一緒に働くスタッフのフォローなどが仕事内容に加わりました。リーダー職はずっと目指していたので任命されたときは嬉しかったです。ご入居者とスタッフどちらからも頼りにされることはプレッシャーでもありましたが大きなやりがいです。

結婚して一家の大黒柱に。公休の希望休が取得できるので助かっています

入社3年目の時に結婚し、その翌年には子供が生まれて、現在は妻と子供の3人で暮らしています。お金の面に関しては、妻と貯金をしていたので経済面はそこまで心配がありませんでした。ただ、子育てがちゃんとできるのか?という不安はありました。

一家の大黒柱として家庭を背負という責任感もありましたが、妻と一緒に協力しあって頑張っています。妻も仕事をしているので、お互いに勤務時間や休みを調整して子供を見ています。どちらもシフト制の仕事なので、僕が夜勤の日は妻が休みを取り、妻が休めない日は僕が希望休を取って休んだりしています。

アズパートナーズでは希望休が月に2日~3日取れるので、プライベートの調整がしやすいです。最近は家族と過ごすために休みをほとんど使っています。

学生へのメッセージ

入社前は介護職で家庭を築くことができるのかな、と少し不安を感じていたのですが、僕を含め、家庭を持っている男性はたくさんいます。介護職だからと言って家庭を築くことができないという事はありません。

アズパートナーズでは若いうちからリーダー職を任せてもらえるチャンスなどあるので、昇格することで給料を上げていくこともできます。オンとオフのメリハリを自分でつけて家族との時間を大切にできているので、みなさんもプライベートを楽しめることができますよ!

「子育て」と「仕事」の両立を応援してくれる職場です

米山 恵美

2013年入社 / ケアスタッフ

学生の頃は福祉を勉強し、就職先は障がい・児童・高齢で悩んだという米山さん。現在子供が産まれ、「子育て」と「仕事」を両立しています。そんな彼女に、当時の就職活動の話と、現在の働き方についてインタビューを行いました。

アズパートナーズに入社を決めた理由

福祉系の学校に通っていて、授業で行く実習先などではお話をする事が難しい重度の方が多い施設がメインでした。もともと接客のアルバイトをしていて、身体的な支援だけではなく、コミュニケーションが取れる仕事をしたいなと考えていた面があり、どういう職場が自分に合っているのか悩んでいました。

就職活動でアズパートナーズの選考に進んだ際、実際にホームを見てみると比較的元気な方も多く、何よりスタンスとして、介護を「サービス業」として捉えている考え方に魅力を感じ、入社を決めました。

育休・産休制度支援。応援してもらえた職場の雰囲気に感謝しています

妊娠をしたのは入社して3年目の時でした。子どもができた事が分かってすぐに、ホーム長に相談をしました。どんな反応かな・・・と少し不安だったのですが、ホーム長はすごく喜んでくださり、翌週からいきなり夜勤も外してくれるという働き方の提案をしてくれました。まさか、すぐにそんな風に働かせてもらえるとは思わなかったのでとても驚いたと同時に、私のことを大切にしてくれて嬉しかったことを覚えています。

幸い、つわりなども軽い方だったので体力の許す限り通常勤務をさせてもらいたいと希望し、夜勤もしばらく続けました。ホームのスタッフさんは「無理しないでね。体調が悪かったら帰っていいよ」と常に声をかけてくれましたね。

妊娠5か月を過ぎたころからは、夜勤も外れ、直接的な介助よりお茶出し、お薬の介助な等、体に負担が少ない業務に変更してもらったり周りのフォローがすごく温かく、「なにかあったら、私のことを守ってくれるんだ」と感じました。その後、1ヶ月の産前休暇に入り、子供が産まれ、1ヶ月の産後休暇、そこから1年間、育児休暇を貰いました。

復職時はワクワクしました

1年間の育休が明けて2017年から職場に復職しました。シフトに関しても子育てと両立しやすいように配慮してもらえています。現在は土日休みで朝8:00~昼14:00の時間帯で勤務をしています。仕事中は両親に子供を預けて、勤務後に子供を迎えに行くという生活をしています。子育てと両立が出来るか不安がありましたが、皆さん快く復職を迎えてくれて、子供が熱を出した時などは、出勤をしていても途中で帰らせてもらえています。

復職する前日は緊張よりも「やっと働ける」というワクワク感でいっぱいでした。実際に復職してみると、体が仕事を覚えていたのでそこまでブランクを感じる事なく仕事ができました。強いて大変なことを挙げるとしたらお客様の好みなどを忘れてしまっていて「この方はお砂糖いくつ必要だったかな?」なんてことがあるくらいですね。それを思い出して楽しみながら仕事が出来ています。

学生へのメッセージ

就職活動で仕事を決めるのは漠然とした不安があるかと思います。介護の仕事は「人を支える」こと。だからこそ働くスタッフは、お客様だけではなく周りのスタッフの気持ちを理解してくれる人が多いのかと思います。

私自身が安心して仕事と育児を両立できたように、新入社員の方にも同じ安心感を与えられる存在でいたいと思っています。不安なこともたくさんあると思いますが、楽しむ気持ちで入社してほしいです!