就活中の皆さんへ

アズパートナーズ
リクルーターご紹介

アズパートナーズの新卒採用は
私達で皆さんの御対応をさせていただきます。
説明会等でお会いしたら気軽に声をかけてください。
  • 荒谷 里緒
  • 福田 真生
  • 伊藤 太朗
  • 田邉 有沙
  • 今井 利佳
  • 山本 亜希
  • 丸本 弘基
荒谷 里緒
はじめまして!2020年4月に新卒入社した荒谷です。

私はアズハイム狛江中和泉デイサービスセンターでケアスタッフとして9か月間働いた後、現在は本社で新卒採用担当として働いています。 実は私は大学では文系の学部に所属していて、まったく介護とは関わりのない勉強をしていました。
そんな私がなぜ介護業界に興味を持ったのか…それは、大学時代の部活が大きく関係しています。
私は大学1年生の時から対人ボランティアを行う部活に所属していました。
そこでよく老人ホームに伺う機会があり、ご入居者とレクレーションを行って様々なお話をしてきました。
ご入居者との様々な交流を通して、自分の一言でこんなに笑顔になってくれるんだ!と嬉しく感じる瞬間が多く、高齢者に関わる仕事がしたいと思い福祉業界に絞って就職活動をしていました。

最終的に、介護業界の会社は4つ内定をいただいていました。
その中でアズパートナーズに入社を決めた理由は、活気のあるデイサービスの雰囲気に惹かれたからです。
私が想像していたデイサービスのイメージよりもとっても明るく、ご利用者の方々も生き生きと楽しそうに活動されていたのが印象的でした。
実際に働きはじめてご利用者の方々と接していると、社会人になって環境が変わったことでの不安が吹き飛ばされるくらい元気をもらいました。

2021年の1月から新卒採用担当として新たな環境で働き始めました!
最近までケアスタッフとして働いていた先輩として、皆さんの疑問や不安に思っていることの相談に乗りたいと思いますのでよろしくお願いします!
就活生にワンポイントアドバイス

私は業界を絞りすぎていて、福祉業界で本当にいいのか?と不安になった時期があります。
それでも福祉業界を選んだのは、自分が楽しく仕事をしている姿を想像したときにその姿が浮かんだのが介護の仕事だったからです。
自分がこの業界に合っているのか?と不安になったら、ぜひ自分が楽しく働いている姿を想像してみてください。
福田 真生
こんにちは。2018年4月に新卒入社した福田です。

私は1年間アズハイム千葉幕張で介護経験をした後、新卒採用担当として本社で働いています。
私は大学で動物看護師の勉強をしていました。在学中、大学で行われていたアニマルセラピーの活動に参加し、老人ホームに訪れたことがきっかけで福祉業界に興味を持ち、就職活動を行っていました。
アズパートナーズとは合同説明会で出会いました。福祉のことを何もわからなかった私に、一つひとつ丁寧に説明してくださり、私がアニマルセラピーに興味があることを知ると、アニマルセラピーが実際に行われている事業所にも案内していただきました。介護の現場の1日はどのようなものなのか想像がつかないという相談をし、1日体験もさせていただきました。
介護の現場だけでなく、動物関連企業や動物病院の説明会や選考を受けてきた中でも、ここまで一人ひとりに向き合ってくれる会社はなく、お客様だけでなく社員を大切にしてくれる社風に惹かれた私は、アズパートナーズへの入社を決めました。
ホームでも本社でも、周りの方は優しく、入社を決めた判断は間違っていなかったと感じています。

現在、採用という新しい仕事を始め、現場とはまた違った雰囲気で、毎日ワクワクしながら仕事をしています。実際の介護の現場のお話などもお伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いします!
就活生にワンポイントアドバイス

就職活動をしていると、自分が何をしたいのかわからなくなってしまうことがあると思います。そんな時は、家族、友達、先生、誰でもいいので話してみてください。きっと自分とは違った目線でのアドバイスがもらえると思います。
私たち採用担当も相談に乗りますので、ぜひお気軽にお声かけください!
伊藤 太朗
こんにちは!2015年4月に新卒入社した伊藤です。

私が就職活動を始めた頃は、周りの友人達につられて就職活動を進めていました。
友人達は、営業職や商社を受けていたので、私もそのような業界を見ていました。
しかし、選考が進んでいくうちに数字やノルマに追われる働き方が自分には合わないと感じ、やりたいことに迷いが生じました。

周りに流されて自分の将来を決めることはやめようと思い、改めて自己分析からしっかり行い「自分に向いている仕事」「本当にやりたいこと」を見極めようと再開しました。そこで介護に出会い、業界を絞って就職活動を進めました。
「人に寄り添える仕事」「お客様から感謝の気持ちを直に受け取れる」という部分にビビっと来たと同時に介護職に対する適性がかなりあると診断結果が出たことが理由です。

そこからの就職活動は有意義かつ何より以前よりも“楽しみながら”就活を進めることが出来ました。そして合同説明会でアズパートナーズと出会い入社に至ります。
「人を大事にする」「若いスタッフが活躍している」そして「働いている社員の方々が活き活きと働いている姿が輝いて見えた」ことが決め手でした。

入社後3年間介護の現場を経験し、現在は働いていくうちに興味が湧いてきた採用の仕事をしています。
介護職の魅力を学生や求職者へ伝え、入社していただいた時に一番やりがいを感じます。
介護職以外を見ていたあの時、踏み留まっていなければ今頃どんな社会人になっていたのだろうとたまに考えますが、その度に私はこの道を選んで本当に良かったと思っています。

就職活動で迷いがある方、介護職について不安がある方、是非お話しましょう!
学生の皆さんとお会い出来る機会を心より楽しみにしております!
就活生にワンポイントアドバイス

自分のやりたいことや方向性を見失いそうな時は一旦立ち止まってみることも大事だと思います。
自分自身を見つめ直す時間を作ることで新しい道が切り開けることもありますよ。焦らず、自分に向いている仕事は何なのかを考えてみてください!
田邉 有沙
こんにちは!2017年4月に入社をした田邉です。

私は11ヶ月、ショートステイでの介護を経験したのち、2018年3月から新卒採用チームに異動してきました。
3年前、皆さんと同じように就職活動をしていました。
私は、大学では福祉を専攻していました。
「祖母が、今後介護が必要になったらどうやってサポートすればいいのだろう?」と思ったことが目指したきっかけです。
しかし、就職活動を始めたころは何をしたらいいのか、自分には何ができるのかわかりませんでした。
そのため、合同企業説明会では、福祉以外にも色々見ていて、営業・商社・小売りなどを見たり、学内セミナーの受講や営業職のOG訪問をしたりと幅広く活動をしていました。
その当時、自分ではそれなりに就職活動をしていると思っていましたが、ただ単に何もやっていないと不安だったためとりあえず動いている、という感覚だったと今振り返ると思います。
一通り色々な業界を見て、一番何がしたいのかを考えたとき、人との関わりが深く、学んだことを活かせる介護業界に絞って就職活動をすることにしました。

そこから4社ほどの福祉系の企業や社会福祉法人の選考に進みました。
内定をいただいた中でどの会社にするのか選ぶ際、周りの意見に左右されることもあり、とても戸惑いました。
また、選考に進むだけだと、企業や法人のイメージがついていないことも悩みのひとつでした。今、私からアドバイスするとしたら、入社後のギャップをなくすため見学や体験をお願いして、現場で働いている方のお話を聞くことが一番だと思います。
私も不安を払拭するために見学・体験・面談を何度も何度もしました。実際にケアをしている姿を見ることができたり、一人ひとりのケアに集中できる環境が整っていること、職場の雰囲気や人柄の良さに惹かれ、アズパートナーズに入社しました。

私自身、就職活動を行っている最中はどんな仕事・企業が自分に合っているのかがわからない、面接で上手に話せない、などたくさんの悩みや不安がありました。
そんな悩みを抱えている方は是非話しましょう!
就活生にワンポイントアドバイス

自分のことをよく知ること、自ら現場に行くことで見えてくるものがあると思います。
悔いのない就職活動になるよう、焦らずに頑張ってください!
今井 利佳
こんにちは!2016年4月にアズパートナーズに入社をした今井です。

私は1年6ヶ月、事業所でケアスタッフとして働いていて、その後、新卒採用担当として本社で働いています。
私の就活は、テーマパークでのアルバイト経験から接客業やサービス業を漠然と見ていました。
3年の夏にインターンシップに参加し、かなり早くに内々定を頂いた販売の会社がありました。
「この会社に就職するんだろうな~」と思いながらも就活を続けていました。
大学4年の7月に内定承諾の可否を求められたのですが、その時、「本当にこの会社に就職していいのか?」と考えました。
販売業はノルマがあるという周りの声に引っ掛かったのが理由です。
自分は人と関わる仕事がしたい。やりたいことはノルマに追われる仕事ではない。
と判断をした結果、その会社を辞退することを決めました。
かなり迷いましたし、就活を終わらせたい気持ちもあったので、この決断は勇気が必要でした。

そこから就活を継続し、合同説明会でアズパートナーズに出会いました。
介護業界には全く興味はなく、「話だけなら…」というスタンスでブースに入ったところ、自分の中で持っていたマイナスイメージとのギャップに驚いたことを覚えています。
介護はサービス業であることを知り、「自分のやりたいことと一致するのかも…」「自分が輝ける場所があるのかも…」と思ったのが選考に進んだきっかけです。
アズパートナーズの会社自体に惹かれたので、他の介護・福祉の会社は受けていません。
入社の決め手は、人です。
選考の中でお会いしたどの方も、人を大切にし、社会人として輝いており「この人たちと一緒に働きたい!」と思えました。
ここで私が感じたことは今でも間違っておらず、人に恵まれていると感じています。

今は異動して、採用という仕事をしています。
私が就活のときに経験したように、介護業界にマイナスイメージを持っている方にこの仕事の楽しさをお話しし、輝ける場所があることをお伝えしたいです!
就活生にワンポイントアドバイス

就活をしていると、他人と自分を比べてしまって「自分なんてどこの会社にも就職できないんじゃないか…」とめげることがありました。
でもきっとあなたに合う会社に巡り合えます。
自分と向き合って、落ち込んだり苦労したりすることもありますが、それがあなたの理想的な会社に出会うためには必要なことです。決して無駄ではありませんよ。
「どんな会社が合うのか分からない」などの不安がある方は、私の就活の話をしながらアドバイスしますのでいつでもご相談ください!
山本 亜希
皆さんこんにちは。
私は2014年4月に新卒入社をした山本亜希と申します。
私は4年9ヶ月アズハイム南浦和という事業所で働き、4年目からはケアリーダーという役職を務めました。

私は祖父母と同居していたこともあり、高校から大学まで福祉の勉強をしていました。
就職活動は福祉系の企業をメインとしながらも、接客のアルバイトをしていたこともありホテルなどのサービス業の説明会にも参加していました。

私の就職活動は大学3年生の冬からです。学校主体の説明会や、就活サイトから気になった企業の説明会に参加したのが始まりでした。私自身、業界研究が苦手で多くの説明会に参加して勉強の場にしようと取り組みましたが、なかなかコレといった企業に出会えず難航しました。4年生になった時点で大手企業と中堅企業(アズパートナーズ)の福祉関連2社の選考が進み、給与・福利厚生等もほとんど差がなく決め手に悩んでいました。
そんな時にアズパートナーズの採用担当者が「よかったら現場経験のある社員と話してみる?」と選考以外での面談の場を提供してくださり、それまでの流れ作業で進んでいった他企業の選考に比べ「この会社は私自身を見てくれるんだ」と感じることができたのが入社のきっかけになりました。

入社後もその印象は変わらず、事業所の上司や先輩方が「最近どう?」「大変なことない?」と気に掛けてくれますし、大変な仕事ながらもスタッフみんなで協力し楽しく仕事を進められています。
最初の1年は覚えることが多く一人前のケアスタッフになることで手一杯でしたが2年目、3年目と重ねていくにつれ自信がつき委員長やトレーナーなど新しい仕事にチャレンジさせてもらえるようになりました。
4年目にはケアリーダーという役職でフロアをまとめる仕事もさせていただき、今は本社で採用の仕事をしています。
就活生にワンポイントアドバイス

分からないこと・不安なことがあれば、実際の現場に足を運び雰囲気を感じたり、社員から現場の話を聞いたりと最後までとことん調べてください。
悩んでいることは一人で抱えるよりも、採用担当者に相談した方が早く解決できますよ。
最初の就職先は社会人生活の大切な1歩です。後悔の無いように一緒に頑張りましょう!
私は現場経験が長いので、実際のワークライフバランスやキャリアアップについて、また介護の不安なこと・楽しいことなど分からないことは何でも相談に乗りますので頼ってくださいね。
丸本 弘基
皆さんこんにちは!2018年に新卒入社しました丸本です!

私は弊社の内定受諾後すぐにアルバイトとしてアズハイム町田という介護付きホームで働き、4月よりそのまま同ホームに配属となり、2年半ほど現場を経験したあと2020年3月に新卒採用チームへ異動となりました。

私の就活についてですが、私は学生時代に将来やりたいことが特に思いつかず、『なんとなく』就職活動をすすめていました。
そんな中合同説明会に参加し偶然出会ったのがアズパートナーズでした。
正直私は介護という業界に良いイメージは持っていなかったので「介護かぁ」と思いながらも会社説明を受けたところ、「こんなに明るく楽しそうな仕事なんだ!やってみたい!」と印象が大きく変わり、そこから介護業界を見始めました。

色々な会社を見た中で私がアズパートナーズを選んだ理由は、働いている人の表情でした。
現場のスタッフがお客様ととても楽しそうにお話やレクリエーションをしているところを見学したり、採用担当が明るく楽しそうに会社説明を行っている姿を見たりするうちに、「この会社の一員になりたい!」と思いました。

現場での楽しかった思い出は語りだしたらきりがないほどあります。そしてこれからは採用担当として皆さんに介護職の魅力を伝え、質問やお悩みに応えていきたいと思います。
説明会で見かけたらぜひ声をかけてください!皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!
就活生にワンポイントアドバイス

どんな会社でも楽しくなければ続かないと思います。
業界や職種も大事ですが、何よりも自分が楽しく働ける会社を選ぶといいと思います。そのためには実際に現場をたくさん見学したり、働いている社員と話してみてください。いつかきっと「ここで働きたい!」と思える会社に出会えるはずです。

新卒入社社員インタビュー

新卒1年目カレンダー

リクルーター紹介

Q&A